嫌いな上司のせいでストレスまみれだったので、対処法を考えてみた

職場に嫌いな上司いませんか?

いる!って答える人は非常に多いんのではないかと予想されます。

嫌いな上司たちのせいで、本来感じる必要のない無駄なストレスが異常に溜まっていませんか?

 

嫌いな上司の下で働くのは本当に最悪ですよね!

わたしも2つの会社で働いた経験があるんですが、どっちの上司のことも尊敬できませんでした。

わたしが嫌いだった上司の特徴

  • 自分は暇そうなのに、やりたくないことをやたらと振ってくる
  • 仕事の進め方を聞いても「自分で考えろ!」って突き出される
  • のくせに間違いがあると「わからないことをちゃんと人に聞け!」って言ってくる
  • 言われた通りの指示で業務を進めたのに、問題点が発覚すると「なんでこうしたの!?」ってわたしのせいにされた

嫌いな上司の対処法を考えてみた

ほかの業務で忙しいのでって断る

いきなり実践するのにかなりハードルが高い対処法で申し訳ないのですが、これは実は結構効果的です。

なかなか直属の上司に向かって「いや〜実はほかの業務で立て込んでまして〜新しい仕事を引き受けません」っていえないですよね。

しかし、よく自分の今までの行動を振り返ってみてください。

上司の指示だからって、イエスマンになっていませんか?

 

  • 上司にやる気がないって思われたくない
  • 社内の評価を落とすのが怖い

と強く思ってるほど、仕事を断ることが難しいですよね。

しかし、仕事を断ることによって、逆に評価が上がることができるんです。

 

そのために、自分はどんな仕事を取り組むべきか、どんな仕事を断るべきかを完全に正確に把握することが必須です。

 

それができるようになるには、1日や2日でできることではありません。

日々その仕事は自分がやる必要があるのか、自分にとって一番大事な仕事は何か、やらなくてもいい仕事とはどんなことか、を考え抜いていかなければいけないです。

そんな難しいことよくわからないよって人は、エッセンシャル思考という本を読んでみるといい。

上司の上司に指示を伺う

直属の上司が使えなければ、単純に上司よりもさらにえらい人の意見を聞けばいいのです。

はじめは上司の上司は「なんで自分の直属の上司に聞かないの?」って疑問を感じるでしょう。

理由をきちんと説明できれば、常識のある人なら理解してくれるはずです。

ただし、この方法も上司の上司はまともな人であるというのが前提条件ですけどね。

 

部署の異動を希望する

嫌いな上司のいない別の部署に異動すれば、毎日顔を合わせなくて済むし、仕事で関わることもなくなるから、もっとも現実的で有効な手段です。

しかし、デメリットは自分の希望は100%通る保証がないのと、異動するまでの期間が長いことですね。

社内異動は会社ごとにルールが違うから、すんなり異動希望を受け入れてくれるところもあれば、異動を却下されることもあるでしょう。

異動の希望を伝える前に、自分の会社の人事制度をきちんと確認しておきましょうね。

転職して別の会社で働く

最終手段としては、転職するしかないですよね。

かなり思い切った決断になるんですけど、よっぽど今の会社で働きたいと思わない限り、別の会社を経験するのも悪くないことです。

今の時代なら転職するのはかなり一般的になってきてるし、やる気と行動力さえあれば転職は難しくないです。

しかし、転職したところで新しい会社で新たな嫌いな上司に出会う確率もゼロではありません。

もし転職先で別の嫌いな上司の下に配属されたら、しばらくは我慢するしかないですね。

まとめ

いろいろと嫌いな上司の対処法を考えましたが、結局どれも共通しているのは、嫌いな上司と一緒に仕事しないことですね。

嫌いな上司と仕事しても、なかなか自分の成長につながらないし、その上にストレスもたまるし、いいことは一つもないですからね。

会社で働く以上上司は選べないですけど、なるべく尊敬できる上司の元で働きたいですよね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です