転職は女性に不利?20代の既婚者でも転職できる方法

「仕事もプライベートもすべてを手に入れて、幸せに生きたい」

そう願っている女性は少なくありません。

女は家庭を守るべきという時代はとうの昔に終わり、この数十年の間働く女性はどんどん増え続けている。

バリバリ仕事に集中して、気づいたら30歳が過ぎたという女性が多い一方で、20代のうちに仕事も結婚も順調に進んでいる人も少なからずいるようです。

しかし、結婚してから転職をしようかなと考える女性にとって、既婚者の転職は不利なのではないか?と不安に思う人も多いでしょう。

中には実際に転職に臨んだけれど、既婚者という理由で落とされたという人もいるかもしれません。

しかし、既婚者だからって転職を諦めることはありません。

今回は、わたし自身の経験も含めて、既婚者の女性でも転職がうまくいくコツを伝えできればと思っています。

既婚者女性の頭を悩ませる面接

既婚者女性は転職が難しいと感じる原因は、面接で「子どもを作る予定はありますか?」の質問にうまく答えられないからです。企業側にとって、1人の会社員を採用するのに数十万円のコストをかかっているわけですから、入社後にすぐに子どもができて、育休・産休を取られたら、採用するメリットがないのです。

そのために、面接では子どもの作る予定を聞き、会社に不利益なことにならないようにしようとしていることを理解してあげましょう。

特に30代の既婚女性は、年齢的に子どもを作らなければいけない時期になりますので、採用側はより一層敏感になることは間違い無いのです。

しかし、今回わたしは20代半ば〜29歳くらいの既婚女性をターゲットに記事を書いています。

20代であれば、「今すぐ子どもを作る予定はありません。数年は仕事に集中して頑張りますと思っています」と答えれば、バッチリです。

このように答えることで、面接官は何も言い返すことができません。

「まあまだ若いんだから、仕事を優先して頑張りたいんだね」とむしろ高く評価してくれます。

間違っても「授かりものなのでできるかどうかわかりません」って答えちゃいけないですよ。

それでもだめだったら

結婚してますが、すぐに子どもを作る予定もありませんし、しばらくは仕事に集中して頑張りたいです。

とアピールしてもうまくいかなったら、単純に縁がなかったと割り切りましょう。

既婚者はやっぱり転職は無理なのかと落ち込むことはありません。

諦めずに根気よく自分を受け入れてくれる会社を探し続けましょう。

20代であれば、既婚者でも採用してくれる会社はたくさんあります。

もしかしたら、転職がうまく行かない原因は、自分自身に何かが足りないなのかもしれません。

そういう時は、1人で悩まずに、転職エージェントなどを利用して相談してみましょう。

既婚者女性が少しでも転職を有利にするには

転職が少しでもうまく行くためには、既婚者女性に限らずすべての人に通用することですが、自分の市場価値を高めることです。市場価値を高めるときくと、なんだか難しそうなことを想像するかもしれませんが、決してそんなことはないです。

例えば現職の実績をもっと積むとか、次の仕事で役に立ちそうな資格を取るとか、新しいスキルを身につけるなど、たくさんの方法があります。

市場に求められているような人材になれれば、既婚者であろうと関係なく、転職は絶対にうまくいきます。

大事なのは、自分自身の市場価値を高めることです。

そうすれば、必ず素敵な会社に出会えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です