初めての転職で失敗しないための超具体的なやり方

今の会社を辞めて、別のところへ転職したい」と思っている人はかなり多いのではないでしょうか。

わたしは今23歳の時に新卒として入った会社にいた時も、24歳で転職した会社にいた時も、ずっっっっっと辞めたい、転職したいと思っていました。

現にわたしのまわりの友人たちも、みんな口揃えて今の職場を辞めたいと言っています。

それだけ会社に対する不満を感じる人は多いですよね。

しかし、いざ「よし!転職しよう!」ってなった時に、「あれ?転職ってどうやってやればいいんだ?」と戸惑いを感じることは必ずあります。

学生の時は、みんな一斉に就職活動を初めて、企業も決まった時間と場所で説明会を開いたり、同時期にエントリーすればよかったですが、社会人の転職はまた別の話になります。

そもそも転職は1人での戦いです。現実では一緒に転職しようぜって言ってくる人はなかなかいないでしょう。

あの辛かった就職活動をもう一度1人でやらなければいけないのかと悲観的になることはないです。

なぜならば、転職を手伝ってくれるエージェント会社がたくさんあるからです。

しかも、求職者はほとんど無料で利用できるので、転職を成功させたいならば、転職エージェント登録は必須になりつつあります。

転職エージェントに登録して情報収集し、相談役を探す

転職エージェントってなに?って疑問に思う人も多いかと。

転職したことがない人にとっては転職エージェントはあんまり馴染みがないかもしれないですね。

学生の時に使ってたマイナビやリクナビを思い出してみましょう。

マイナビとリクナビを使って企業にエントリーしませんでしたか?

転職エージェントもマイナビやリクナビと同じ役割を果たしてくれるサービスです。

転職エージェントを利用するには、登録→面談が終わって初めて利用することができます。

めんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、転職活動に置いて無料で相談に乗ってくれる人の存在はとつもなく大きいです。

情報収集の手段としても転職エージェントを利用するのはもはや必要不可欠とも言えます。

自己分析を行い、希望する企業を絞り出す

 転職エージェントに登録して、面談が終わったら安心してはいけない。

転職を成功させるためには、自己分析を行うことが大事です。

自分の強み、得意なこと、好きなことを徹底的に洗い出しましょう。

どうしても自分の強みや得意なことがわからないっていう人は、リクナビNEXTというサイトに登録してみましょう。

リクナビNEXTに会員登録すると、無料でグッドポイント診断という診断を受けることができます。

簡単な質問に答えるだけであなたの性格を正確に診断することができます。

スマホさえあれば、20~30分ほどで診断が終わります。

この機会にぜひ受診してみましょう。

リクナビNEXTに無料登録する▼

次に、自分の興味のある業界、どういう会社に行きたいのかを考えて、まとめましょう。

地味な作業ですが、転職がうまくいくためのかなり大事な作業でもあります。

1人で考えてもわからないっていう時こそ、転職エージェントのアドバイザーに相談すべきです。

遠慮せずにとことん利用してやりましょう!

アドバイザーに自己分析の結果と希望する企業の内容を伝える

自己分析と希望する業界・企業までわかれば、その内容をアドバイザーに正確に伝えましょう。

その内容の元に、転職アドバイザーはあなたに合った会社を紹介してくれます。

履歴書と職歴書の作成

履歴書と職歴書ができたら、必ずアドバイザーに見てもらって、チェックしてもらいましょう。

転職エージェントを利用すれば、書類選考は8〜9割は受かります。

わたしも職歴1年未満の時実際に転職したのですが、転職エージェントを使ってたおかげで、書類選考は100%通過していました。

書類選考が通過したら、いよいよ面接が始まります。

面接対策をしっかりすべきだという人は多いですが、わたしはまったく必要がないと思っています。

面接ではありのままの自分を見せることが大事かなって思います。

わたしも実際に話すのが苦手なので、面接嫌だなと思っていましたが、特に対策などせずに自分の思ってことを面接でそのまま話していました。

そしたら面接官も共感してくれて、2次面接に進んだ時は、すでに緊張が解き、終始笑顔のままで面接に臨むことができました。

それがかなり高い評価を得たみたいで、面接したその日のうちに、ぜひうちに来て欲しいと連絡がありました。

そして1ヶ月後にはその会社に入社しました。

第二新卒にオススメの転職エージェント

ウズキャリ

通常の転職エージェントは一人一人の面談時間に1〜2時間しか設けていません。

というのも1人の求職者に多くの時間をかけるのはコスパが悪すぎるからです。

しかし第二新卒ナビはあえて効率を重視せずに、1人に対して20時間も面談時間を設けています。

なぜそこまでしてるのかというと、やはり求職者のことを第一に考えているからです。

20時間もヒアリングしてくれるエージェントはほかにはないので、利用しない手はないですね。

▼第二新卒ナビの無料登録はこちらか▼

https://daini2.co.jp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です