仕事を休みたい時は休むべき。人間らしい生活を取り戻そう

会社にお勤めされているみなさん、いつもお仕事お疲れさまです。

ところで、会社員として働いている以上、今日は会社を休みたいなぁって思ったことは一度はあるんじゃないですか?

 

わたしも会社に勤めてたので、その気持ち、よ〜くわかります。

基本毎日会社行きたくないけれど、ごくたまーに猛烈に休みたい日ってありますよね。

でも、何か用事があるわけでもないし、社内の人もあまり有給を使う人がいないから、なかなか休みって取りづらいですよね。

ましてや当日休むなんて会社に連絡するのがすら怖いですよね。

たとえそうだとしても、普段は仕事をがんばっているのだから、休みたいと思ったときは休むべきです。

心からSOSを出してるかもしれない

そもそも会社に務めるのってかなり大変なことですよ!

月曜日〜金曜日、毎日朝早く起きて出勤し、夜も遅くまで働く。

社内の人間関係に気をつかうし、業務が終わっても飲み会に行く日もある。

そんな生活をずっと続いてると、精神的なストレスもたまるし、カラダも知らず知らずのうちに疲れがたまっていく。

自分は無理をしている自覚がなくても、身も心も無意識のうちにしんどいってサインを出しています。

会社を休みたいなぁって思うのは、まさにSOSサインである可能性は忘れてはいけない。

仕事を休むのに理由はいらない

休みたければ休めばいい。

ただそれだけ。理由なんていらない。

普段は会社のために一生懸命がんばっているなら、たまには自分のために休んだっていいじゃないですか。

あくまでも私たちは会社のために働いているのではない。

自分のために働いてるんです。

自分のカラダと心が健康でいられるように、心の声に素直に傾けて休もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です