給料が低いと愚痴を言ってる暇はない。給料を増やす方法を考えるんだ

あなたは自分の年収を正確に把握していますか?

毎月の給料明細の手取りの金額ばかり見ていませんか?

 

世間一般では給料の低い・高い基準はよくわからないのですが、わたし個人的に思うには、20代で朝は早く、夜は遅くまでバリバリ働いてて、それが毎日のように続き、時には休日も自主的に出勤しなければいけないのにもかかわらず、毎月の手取りが20万円ギリギリなら、給料は低い部類に入るんじゃないかと思ってます。

 

だって、20代という人生の中でもっとも貴重な時間の大半を会社のために捧げているのに、たった20万円しかもらえないのはとても納得がいきません。

月収20万円って、社会人にとって決して贅沢な生活を送ることができないですよね。

給料あと5万増えればいいのにな〜って思ったことないですか?

世の中のほとんどの人は日頃からそう思っているんです。

しかし、実際に給料を増やすのにどうしたらいいのかを考えたうえで、実際に行動にうつす人は一握りしかいないのです。

みんなただなんとなくその日を生きているのです。

給料を増やすために努力することより、給料が低いわって愚痴を言ってるほうが断然楽だからです。

あたりまえですよね。人間は楽なほうへと本能で選ぶ生き物だから。

だからこそ、給料を増やすためにきちんと考えて、行動にうつす人が最後に勝つのです。

じゃあ給料を増やすのにどうしたらいいのか、そもそもわからない人も多いかと。

というわけで、今回は給料を増やす方法をまとめてみました。

給料を増やす方法

新しいスキルを身につける

そもそも給料が低いのは、自分の実力がその程度だからです。

あなたは胸を張って自慢できるスキルを何か持っていますか?

もし答えられないとしても、落ち込む必要はありません。

今から身につければいいだけの話です。

1日1時間新しいことに当ててみてください。

毎日続けていれば、1年後や3年後には、あなたは立派な一人前になっているはずです。

 

より待遇のいい会社に転職する

高いスキルを持っているとしても、きちんとそのスキルを発揮できる環境じゃないと、給料への反映も難しいです。

特に今はブラック企業が蔓延していて、どの企業も安く従業員を雇用したいと思っています。

労働力に見合わない賃金を支払う悪質な会社も数多く存在しているので、できるだけそういう企業を避けたいところですね。

もし今の会社の給料に不満を感じているなら、さっさと会社を見切って別の会社にうつったほうが賢明ですね。

 

副業をする

これからの時代で生き抜くには、やはり会社に依存しすぎないことは大事かと思われます。

というのも、昔と違って終身雇用が徐々に崩壊して行き、企業も社員を一生雇い続ける保証がないからです。

そのために、会社に依存しないで個人で稼ぐことはかなり大事になってきます。

会社員として働きつつ、副業をして収入を増やすのはもっとも良い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です