仕事が暇すぎて辛いと感じてるあなたへ。周囲にバレずにできる5つの方法

となりの上司や先輩がみんな忙しそうにしてるのに、どうして自分だけやることがないんだろう・・・

かつてわたしが新入社員だった頃は毎日のように放置プレーをされて、やることがなくて暇で暇で仕方なかったです。

 

朝8時半に出社して、メールチェックをして、8時35分にはもうやることがなくなったことなんて日もありました。

時々先輩から事務的な作業を振ってくれたこともあったが、どれも30分あれば終わるような内容をわざと数時間かけて終わらせたこともしばしばありました。

それくらいやることがなくて、暇でした。

 

何もしてないのにお金もらえるんだから羨ましいなって言われたこともあるけれど、暇すぎるのも正直かなり精神的につらいですよね。

 

あまりの暇さに耐えきれず「何かお手伝いできることありませんか?」と先輩に尋ねても、「そうだね〜」と困った顔で返されたことも何度あることやら。。。

 

結局わたしはその会社を1年未満で退職したのですが、最後のほうのわたしは開き直って会社で堂々と別のことをやっていました。

 

前置きが長くなりましたが、今回は新入社員だったわたしが暇な時に、周囲にバレずに暇つぶしやってたことをお伝えします。

 

仕事が暇すぎてつらい気持ちをなくす考え方

罪悪感を感じなくていい

みんな忙しそうにしてるのに、自分だけ仕事してなくて、なんか申し訳ない

と思う気持ちはかなり強いんじゃないでしょうか。

 

そうやって罪悪感が日に日にどんどん強くなっていきますよね。

しかし、そんなことを気にする必要はまったくありません!

そもそも、仕事を振ってくれない上司や会社が悪いんだから。

 

新入社員は仕事ができなくてあたりまえですし、仕事を教えるのは本来であれば上司の仕事です。

しかし、上司は自分の仕事が忙しいというのを言い訳に、新人の面倒を見ないのは、単純に上司は仕事をできていない証拠です。

仕事を新人に振るのも本来の仕事の一部なのに、それができていないのは上司の責任です。

あなたが罪悪感を感じる必要はないのです。

 

仕事が暇な時にオススメの5つの暇つぶし方法

1、休日の予定を立てる

仕事が暇でやることがないと、「このままでいいのか」と焦ってしまいますよね。

そんな時は思いっきり休みのことを考えましょう。

だってやる気があるのに仕事を与えてもらえないのは、あなたのせいではないですから。

デスクの前でぼーっとしてる時間はとてももったいないので、仕事をしてるふりをしながら休日の予定を立ててリフレッシュするのはオススメですよ。

2、今後の目標を立てる&やりたいことリストを作る

向上心のあるあなたは、きっとろくな仕事を与えてもらえず、スキルアップもできないまま時間だけが過ぎていくのは不安だと感じていませんか?

 

よく入社して3年経ってからようやく一人前になれると聞きますが、一日中ぼーっとして過ごして3年経ったところでとても一人前になれると思えないですよね。

 

成功している人のほとんどは暇な時間を使って自主的に勉強している人が多いのです。

 

ですので、ある意味会社でぼーっとしながら給料をもらえるのはラッキーかもしれません。

 

ほかの人が仕事で忙しく過ごしている中、今後の目標ややりたいことリストを作って、レベルアップを目指していきましょう。

 

3、転職に関する情報を集める

仕事が暇な状態があまりに長く続いている場合は、転職を積極的に考え出すのかもしれません。

思いっきり職場を変えてみるのは実はいいことです。

いきなり転職するのはハードルが高いと感じる人も多いと思うので、まずはネットで転職に関する情報を集めてみるところから初めてみるといいと思います。

実際に転職するかどうかはあなた自身が決めることですが、もし転職するとしたら、どんな業界にいきたいか、どういう職種をやってみたいのかを考えるだけでもおすすめです。

4、ブログを書く

わたしは会社を辞めた後に暇つぶしでブログを始めたのですが、会社員の時から始めればよかったなと後悔しています。

 

最初は日記から初めてみるのもいいですし、なんなら会社の愚痴を全部ブログにぶつけてみて、書き終わった後は爽快感を味わえることもできます。

 

ブログを書いたこともないし、何から始めればいいのかわからないっていう人に、入門書として「ブログ飯」っていう本をオススメします。

 

無料で開設できるし「はてなブログ」というサービスは、初心者の人でも使いやすいので、まずはてなブログを開設して記事を書きましょう。

最初は日記でも全然問題ないです。

大事なのは記事を書くことです。

5、クラウドソーシングでライティングをやる

今はクラウドソーシングというネットで不特定多数の人に業務を外注するサービスが数多くあるので、誰でも気軽に始められます。

 

webデザインやプログラミングができる人は最初から高単価の案件を受注することができますし、スキルを持たない人でも文章の執筆から始めれば稼ぐことができます。

 

わたしも文章をもっとうまく書けるようになりたいと思って一時期クラウドソーシングを利用していました。

 

webデザインやプログラミングスキルが皆無なわたしでも、1ヶ月ちょいで10万円を稼ぐことができました。

 

大手のクラウドソーシングサービスはCrowdWorks(クラウドワークス)が一番おすすめですね。

 

日本最大級のクラウドソーシングに登録!
資格不要で稼ぐ「クラウドワークス」に登録
 

 

まとめ

どうでしたか?仕事が暇な時にできる5つの過ごし方。

 

わたしが会社員の頃実際に「暇だな〜」と思って、書き出したリストたちです。

 

ただただぼーっとして一日をつぶすのもよし、有意義に過ごすのもよし。結局自分次第ですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です