仕事行きたくないと思ってる新人のあなたへ。気持ちが楽になる方法を考えた

わたしは2015年3月(当時23歳)に大学を卒業し、そのあと約1年半にわたり会社に勤めていました。

会社員だった頃のわたしは、

上司があてにならない

仕事がなくて毎日暇すぎてつらい

会社に行きたくない」

と毎日のように思ってました。

 

それでも、「新卒で入社したばかりだし、今すぐやめるわけにはいかない」と変なプライドのせいで、わたしは無理をして会社に行き続けていました。

今この記事を読んでいるあなたも、当時のわたしと同じように会社に行きたくないと思っているということですよね?

わたしが入社して半年すぎた頃に実際に現状を変えるために行動を起こしました。

 

仕事行きたくないと思った時実際に取った3つの方法

1、仕事行きたくないと思った日は休む

仕事に行きたくないという気持ちは、身体が何かを訴えているサインです。

わたしは最初そのサインを無視して、無理やり会社に行き続けていました。

なぜなら、会社を休んだりしたら、休み明けに会社に行くときのことを考えたら怖かったからです。

根性のないやつだと思われたら嫌だな

自分だけ休みを取っていいのかな

無駄に他人の視線を気にしていたからです。

しかし、こうして自分の気持ちを無視しているうちに、精神的なストレスが限界を迎えたのか、毎日会社に行く直前となると、涙が止まらなくなるほど溢れていました。

そして、ある日わたしは、もうこの会社で働くのが無理だなと判断し、休むことに抵抗がなくなりました。

ある月曜日の朝、「今日は仕事休もう」と思い、すぐに上司に電話して、「風邪を引いてしまったので今日は休みます」と伝えました。

次の日もやっぱり「仕事行きたくない」と思ったので、また同じように仮病を使って休みました。

不思議なことに罪悪感を感じることはありませんでした。

2、当日欠勤が難しいなら、事前に有給を取る

わたしは会社に所属した期間が短いため、当日欠勤しても大した影響はありませんでした。

しかし、当日欠勤するのは難しいという人も多いと思います。

そうなるとやはり事前に有給を取る相談をしたほうがいいですね。

法律では有給を取ることは義務付けられていますし、周りの人が有給を取っていないから自分だけ取るのは気まずいと思う必要はありません。

もし仮に有給を取ることを許されない会社であれば、その会社に見切りをつけないと、一生あなたはその会社の奴隷であることを抜け出せない。

「仕事に行きたくない」と思っていて、これからは幸せな人生を送りたいならば、恐れずに数日間の休暇を取りましょう。

3、休む間に現状分析をし、改善方法を探す

ただ休みを取って、ぼーっと過ごしているだけでは、今後の人生は変わりません。

 

1日休みを取れたとしても、次の日出勤する時間になれば、また憂鬱な1日が始まり、現状は何も変わりません。

もちろんリフレッシュのために、何も考えず過ごす時間も必要ですが、現状に不満を抱えているあなたは、のんびり過ごす暇がないはずです。

休みの時間こそ、あなたの今後の人生を変える鍵となっております。

ちなみにわたしは休んでいた間はこんなことをしていました。

  • ホットヨガ行ってストレス発散した
  • 転職エージェントに登録した
  • 転職に関する情報を集めた
  • 資格の勉強をした

 

わたしが仕事に行きたくなかった理由

なぜわたしが仕事に行きたくなかったのか、当時を振り返ると主に2つの理由のありました。

一つ目は人間関係に恵まれなかったことです。

そして二つ目は仕事内容に興味を持てなかったことです。

もう少し詳しいことはプロフィール記事にも書いてありますので、ぜひ一読してください。

参考記事:https://yuki-livefreely.com/koyuki-profile

今思えば、あの時はかなり無理をしていたなと思います

 

退職するまでにやったこと

いろんなエージェントに登録しまくった

先ほども書いたように、結局わたしは新卒で入った会社を11ヶ月で退職しました。

11ヶ月で思いっきり退職できたのも、すでに次の会社が決まっていたからです。

というのも、入社して7ヶ月目の11月にわたしはいろんな転職エージェントのサイトに登録したのが始まりでした。

入社して1年経ってないし、すぐに転職するのは無理だろうな

と思っていたのですが、とりあえず転職に関する情報だけでも集めようと思って、全部で5〜6箇所のエージェントに登録しました。

いろんなエージェントのアドバイザーと相談しまくった

転職エージェントに登録したら、まずは面談の連絡が必ずきます。

すぐに転職するつもりなかったですが、今の会社の愚痴だけでも聞いてもらおうと思って、登録したところすべてに面談に行きました。

働きながらだったので、会社が終わって、平日の夜19時以降に転職エージェントに通う日がしばらく続いてました。

現在の会社の現状を説明し、どこのエージェントのアドバイザーもその会社はやめたほうがいいと言ってくれたので、ものすごく心が強く、転職に対する勇気や自信をもらいました。

後々それが転職の成功に繋がったんだなと今ならわかります。

 

会社に行きたくない新人に伝えたいこと

未来を変えたいなら、とりあえず転職サイトに登録してほしい

仕事に行きたくないという気持ちが芽生えているのは、何かしら会社に不満を感じている証拠です。

・上司と合わないから人間関係がうまく行かないとか、

・激務で身体の疲労が溜まっているとか、

・給料が安いとか

・仕事のやりがいが感じられないとか、

人それぞれあると思います。

どうしても今の会社で働きたい、もしくは働かなければいけない目的があるという人は、そのまま今の会社で頑張ればいいのです。

しかし、ほとんどの人にとって、ずっと同じ会社で働き続ける必要なんかありません。

会社に不満があるなら、その会社にずっとしがみつく必要はないのです。

転職回数が多いと自分の職歴に傷つくだけ...」

勤務年数が短いから転職してもマイナスなイメージがつくだけ…

と弱気になる人が多いですが、そんなこと気にする必要はまったくありません!

わたしも新卒で会社に就職して、すぐに辞めたいと思っていたものの、今辞めたら転職できるはずがないと思い込んでいたので、結局自分を追い詰めていただけでした

気軽に転職エージェントに登録したら、思いのほかことがうまく運び、気づいたら登録してから3ヶ月後には新しい会社で働いていました。

今行動を起こせば、3ヶ月後の人生が変わる

わたしは新卒で入った会社を11ヶ月で辞めて、新しい会社に転職しました。

転職エージェントに登録したのは、入社して約8ヶ月たった頃の11月下旬でした。次の年の2月頭に内定をもらい、3月から新しい会社で働き始めました。

実際に企業に応募したのは12月末だったので、実際の転職期間は3ヶ月も満たなかったです。

わたしは行動を起こしてからわずか3ヶ月で人生が変わりました。

新しい会社に入ってから、前の会社のように仕事行きたくないと思うことはありませんでした。

それどころか、勤務時間が短縮した上に、給料も上がりました。

もしあの時、わたしは転職エージェントに登録さえしなければ、会社をやめることができませんでした。

何気なく起こした一つの行動が、3ヶ月後のわたしの人生を変えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です