仕事にやりがいを感じられない3つの原因と解決法

与えられた仕事をマジメにこなして、特に大きなミスもなく、きちんとやれているはずなのに、仕事のやりがいを感じられないと思っていませんか?

今の仕事はすごく大変なわけでもないから、大きな不満もないけど、イマイチ達成感がないっていう人結構多いのでは?

1日の大半の時間は仕事に費やしてるわけだから、どうせ仕事するならやりがいを感じられるようにやりたいですよね。

というわけで、今回は仕事にやりがいを感じられない原因と解決方法について書きました。

仕事にやりがいを感じられない3つの原因

周囲に認められるほどの実績を出してないから

もし、一つのプロジェクトが終わって、社内の同僚や上司からものすごく褒められたら、当然うれしいですよね?

そんな時は、「大変な仕事だったけど、最後まであきらめずにがんばってよかった」って心底から思うはずです。

難しい困難を乗り越えた時ほど、大きな達成感を感じられるように人間はできています。

しかし、淡々と簡単な仕事をやっているだけでは、大きな感動をうまないのはあたりまえです。

新しいことに挑戦しないから

毎日毎日同じような仕事を繰り返し、慣れてくると自分は楽だし、早く仕事を終わらせることができる。

しかし、そんな日々が繰り返されていくうちに、刺激がないので、仕事が終わったあとの達成感もだんだんと感じなくなります。

はじめのうちは新しいことを覚えるのに必死で、毎日が新鮮でワクワクしませんでしたか?

仕事に慣れてくると、新しく覚えることもだんだん減っていき、気がついたら何年も同じことをやっていませんか?

今の仕事が好きではない

給料のために、仕事は仕事だと割り切って働いてる人も多いかと思われます。

お金かやりがいかっていう究極の選択肢を与えられたら、現実的な選択肢であるお金を選ぶ人も少なくないのでは?

実際に安定した給料を欲しいが故に、公務員になった人も多いですし。

しかし、公務員の業務って単調でだれでもできるような仕事ばかりっていうイメージですよね。

好きじゃないことをやってる時ほど苦痛な時間はないですよね。

仕事のやりがいを感じられるには

やったことのない仕事をやってみる

ようは新しい仕事をやってみるところから始めるってことです。

何もいきなり難しい仕事に挑戦する必要はないです。

なにをすればいいのかわからないって人は、まずは直属の上司に何か仕事ないか聞いてみたりとか。

あえて仕事を断ってみる

この方法はメンタルが強めな人向けです。

言われた仕事を何も考えずに引き受けているならば、今日から仕事を断ることも意識してみて欲しい。

上司からの頼みは断れないっていう思い込みから、いつのまにかイエスマンになっていませんか?

どんな雑務でも引き受けるうちに、気がついたら抱えてる仕事量が増えて、結局残業をせざるを得ない。

今度からイエスって答える前に、この仕事は自分がやる必要があるのかを考えてから、返事してみましょう。

 

環境を変える

環境を変えるには、ほかの部署に異動してもいいですし、新しい会社に転職するのも一つの手です。

環境を変えれば、上司や同僚もおのずと変わるし、業務も新しい内容に変わります。

そうすればまた一から人間関係を築く必要があるし、膨大な仕事内容も覚えなければいけないので、かなり大変なことです。

しかし、仕事にやりがいを感じられないという悩みから必ず解放されます。

まとめ

仕事にやりがいを感じられない時は、結局のところ毎日同じことを繰り返しているからです。

仕事にやりがいを求めているならば、現状を改善するために、自分から行動に移さなければ一生変わることができません。

小さな一歩を踏み出して、今後の人生を変えてみせましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です