新人なのに放置されてるのは辛いけど、自分を責める必要はない

入社して部署に配属されたらOJT研修があるって聞いてたのに、実際入ってみるとほとんど放置されていて、ろくな教育を受けていないっていう人は多いのではないでしょうか。

この記事を読んでいる新社会人のみなさんも、会社で放置されてやることがなくて辛い思いをしているのではないでしょうか。

上司はずっと忙しそうにしてるのに、自分はやることがなくて、放置+暇のダブルパンチって本当に辛いですよね。

わたしも新入社員だった頃毎日のように放置されてたので、その気持ち痛いほどわかります。

はじめはマジメに上司に「何かお手伝いできることありますか?」と聞いていたのですが、いつも「特にない」という返答ばかりで、だんだんと自分から仕事をもらいに行くこともなくなりました。

新人の面倒を見れないのは上司の責任

自分だけ暇にしてると、あれこれとネガティブなことを考えちゃうんですよね。

自分は会社にとって必要のない人間ではないかとか、自分の無力さに気づき、仕事に対するモチベーションが低下します。

そんな状況が数ヶ月も続くと、やめたいという衝動が頭によぎりますね。

しかし、そんなふうに思い詰めなくてもいいんです。

悪いのはあなたじゃない、新人をまともに教育できない上司なのです。

あなたという新人を教育するのが上司の仕事なのに、上司はそれができていないということだけです。

だから、ネガティブなことを考えるのを今すぐやめよう。

放置されて辛い思いをしないために

はじめはやっぱり上司に仕事を尋ねる

放置されてめちゃくちゃ暇なのに、上司に「何かやることありますか?」って聞いたことがない人は、とりあえず上司に向かってこの一言を言ってみましょう。

最初から大きな仕事を任せてもらえることはほとんどなく、雑務ばかりなのですが、それでも何もしないよりはかなりマシかと思います。

雑務ばかりやってるのもどうかと思うのですが、入社して数ヶ月くらいはある程度我慢するのが必須です。

上司があてにならない時は自分でやることを探そう

上司にもいい上司とダメな上司、2種類の上司がいます。

もし自分の上司がダメな上司だと判断した場合、上司に頼ることを諦めて、自分で時間を潰す方法を探すしかありません。

わたしは暇な時はひたすらネットサーフィンや資格の勉強をしていました。

側からみたら給料泥棒なのですが、仕事がないので仕方がないと開き直ってました。

会社での暇な時間は具体的に何をしてたかというと、別の記事にまとめてあるので、興味ある人はぜひ読んでみてください。

参考記事
https://yuki-livefreely.com/shigoto-hima

転職する

中では放置されすぎて今すぐやめたいって思う人もいるかと。

いつまでたっても状況が改善されず、これからもよくなる見込みがない場合は、転職するのも有効な手段です。

今は空前な人材不足の時代に入ってるので、若い人を雇いたい会社は山ほどあります。

短期離職しても次の転職先を見つけるのは難しくないです。

ただし、勢いで退職するのは決してオススメできません。

もし今の会社をやめると決意したなら、会社に通いつつ転職活動を行えばいいだけです。

まとめ

会社に放置されている新人はあなただけではないです。

新入社員の研修制度が充実している会社でも、実際の現場の上司は新人を教育できるとは限りません。

そもそも上司も新人をどうやって教育すればいいのかよくわかっていない人が多いです。

だから、会社で放置されてとても辛い思いをしているかもしれないが、決して自分を責めないで欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です