新卒1年目だけど転職したいと思ったら、ためらわずに転職しよう!

胸に期待を膨らませて入社したのに、なんかイメージしてたのと違った・・・

って勘付いてる新入社員のみなさん、こんにちは。

わたしは2015年3月に大学を卒業して、新卒として入った会社を11ヶ月で短期離職しました。

その11ヶ月の間は、毎日のように会社辞めたい、辛いと苦しんでいました。

今わたしは26歳になり、その会社を辞めて2年が経ちますが、もっと早くやめればよかったって後悔しています。

なぜ会社に行くのがつらいのに11ヶ月も続けたかと言いますと、早期離職すると転職に不利だからもうちょっと頑張ってみようと思い込んでいたからです。

しかし、軽い気持ちで転職活動を始めたら、あっさり内定をもらい、転職することができました。

今、会社に行くのが死ぬほどつらい、でも1年目で辞めたら職歴に傷がつくから一歩を踏み出せない人も多いかと。

そんなあなたに伝えたいことは2つあります。

ぜひ最後まで読んで欲しい。

新卒1年目でも転職はできる。むしろ、早ければ早い方がいい

そもそも、社会経験のない学生がいきなり自分に合う会社を見つけるのはほぼ不可能です。

「石の上にも3年」という言葉は耳に豆ができるほど聞いてきたかと思います。

しかし、合わない会社に3年にいたって、時間の無駄でしかありません。

入社して数週間や数ヶ月で感じた違和感は、何年勤めたところで消えません。

もしその違和感を感じなくなった時が来たら、それはあなたは会社に洗脳されたということです。

そうなればもう手遅れなのです。

今は空前の売り手市場で、多くの会社では人材不足で頭を抱えています。

特に第二新卒の需要が年々大きくなっています。

20代後半の人よりも、社会人1〜3年目の人のほうがむしろ異業界に転職しやすい傾向があります。

世間では早期離職はネガティブなイメージが強いですが、実際は早ければ早いほど有利なのです。

転職はどんどんしたほうが良い


転職は決して逃げや甘えではない。
 

1年未満で退職したら、上司や親になんて思われるんだろうか。そんなことを気にしてなかなか動けない人も多いかもしれません。

しかし、そもそもあなたはなぜ働こうと思ったのですか?

生きるために働くんですよね。

もっと欲を言えば、少しでも幸せに生きたいですよね。

しかし、月にたった20万円ほどの給料をもらうだけのために、心身とも削って無理するのは本末転倒ですよね。

会社を辞めたいと思ってるなら、すぐに転職しちゃえばいい。

一つだけのコミュニティにこだわる必要はまったくないのです。

多くの会社を経験するほど、視野が広がる

一つの会社に何十年も勤めている人と、いろんな会社を渡り歩いた人、どっちが魅力的に感じますか?

わたしは後者のほうが魅力的に感じます。

なぜなら、いろんな職場を経験して、いろんな人と仕事してるぶん、一つの会社しか知らない人よりも、断然視野が広いのです。

早いうちに転職を経験すれば、30代40代になってからでも、転職に対する心理的なハードルが下がります。

一度転職を経験すれば、もう転職なんて怖くないと思うはずです。

 

 

転職のやり方

初めて転職する人は、そもそも転職は何から始めればいいのかもよくわからないでしょう。

ほかの記事では転職の具体的なやり方を書きましたので、ぜひ一読してください。

参考記事:

初めての転職で失敗しないための超具体的なやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です