就活が失敗し、死にたいと思ってるあなたへ。就活の失敗から抜け出す4つの方法

何十社もエントリーシートを提出したのに、お祈りメールをもらってばかり。。。

第一志望の企業の最終面接で落とされてしまった。。。

滑り止めで受けた会社からしか内定をもらえてない。。。

 

こんな状況に陥る就活生は決して少なくないと思います。

大企業に就職しなければ安定した生活を送れないし、大手企業から内定をもらわなければ就活の失敗だと思っていませんか?

もしくは就活の失敗=人生の終わりだと勘違いしていないですか?

 

就活の失敗はあくまでも一時的なことです。

新卒としての就活が思い通りにいかなかったとしても、その後の一生の人生に影響を及ぼすほどのことではありません。

大事なのは失敗したあとにどうやって立ち直るかです。

 

今回は就活が失敗したと思ってるあなたに、今の状況から抜け出すための具体的な4つの方法をお伝えしようと思います。

 

就活の失敗から抜け出す4つの方法

1、就活には失敗や成功があるという概念を捨てる

そもそも就活の失敗や成功の明確な定義がないので、基準も人それぞれですよね。

 

大手企業に就職したら勝ち組で、大手企業じゃないと負け組だと思う人もいれば、中小企業に就職しても自分の納得のいく結果だから就活は成功だと思う人もいる。

極端な話フリーターやニートこそ勝ち組だと思う人も現実ではかなり多いのでは?

 

どの考え方も間違いではないので、否定することできないですが、逆に言えば就活の成功という概念にこだわる必要もないですよね。

現に大手企業に就職した人でも、毎日仕事にいくのがうつで決して順風満帆な生活を送っていない人も多くいるのが現実ですし。

 

とは言え、

「〇〇のやつ第一志望の会社に内定もらって就活終わったらしいよ」

「〇〇が誰でも知ってるような大手な企業に決まったんだって」

というような話は嫌でも耳に入ってくると思います。

 

羨ましいと思う反面、焦りや嫉妬というネガティブな感情が湧いてくるのは普通です。

しかし、他人がどこに就職しようか、自分とは関係ないことだと割り切って、落ち着いて自分のことだけを考えれば、案外うまくいきます。

 

実際まったく気にしないようにするにはかなり難しいですが、その時は就活には成功や失敗という概念がないんだと思い出してもらえればだいぶ気持ちが楽になりますよ。

2、中小企業への就職に方向転換する

就活の成功や失敗は人それぞれだって理解した上で、実際に行動にうつしましょう。

本当の意味で理解した人なら、大手企業への就職にはこだわらなくなるはずです。

 

現在日本の会社の9割が中小企業ですから、大手企業に就職する確率よりも、中小企業に就職できる確率のほうがよっぽど高いです

優良な中小企業も数多く存在しているし、大手企業より福利厚生は充実していないものの、比較的に若いうちから責任のある仕事を任せてもらえるから、人より早く成長することができます。

 

逆に今の時代は変化の流れがかなり早いので、大手企業でもいつまで事業が安定するのか誰も予想がつかない時代になっています。

日本を代表するシャープの買収はまさに典型的な例ですよね。

安定を求めて大企業に就職するよりも、中小企業に勤めてスキルを高めたほうが今の時代にあう働き方ですよ。

3、就職エージェントを利用する

さて、いざ中小企業に就職しようと思ったところで、中小企業のことをまったく知らない人がほとんどだと思います。

そういう時は1人で就職活動するにはどうしても限界があります。

 

特に新卒の学生はブラック企業と優良企業の区別がつかず、いざ入社したら大変な思いをしないためにも、プロの人に頼る必要があります。

大学のキャリアセンターを利用するのももちろんいいですが、民間では就職を支援する就職エージェント会社もたくさんあるので、実際に登録して相談だけでも行ってみる価値はあります。

だいたいどこもプロのアドバイザーが担当につきますので、自分の合った会社を紹介してくれるし、エントリーシートや面接の練習もやってくれるので、内定をもらえる確率が大幅にアップします。

4、無料プログラミングスクールに通い、IT系企業に就職する

わたしもこの1年くらい前から知ったのですが、今は無料のプログラミングスクールが数多くあります。

そして無料のプログラミングスクールはだいたい就職を支援してくれます。

 

インターネットの進化や普及によって、IT系人材が人手不足となっています。

そのため少しでもプログラミングスキルを身につくとかなり就活に有利に働きます。

 

通常プログラミングスクールに通うには最低でも10万円ほどの費用が発生します。

 

しかし、プログラミングスクールが紹介する会社に就職する条件さえ納得できれば、タダでプログラミングスキルが身につく上に就職することもできます。

 

まさに一石二鳥ですよね。

 

わたしが大学生の時に知りたかったなと心底から後悔しています。

 

特にやりたいことがないという人や、とにかく内定が欲しい、もしくはIT企業に就職したいって人は、利用しない手はないですよね。

 

③就活が失敗した時におすすめしないこと

1、フリーターになる

就活が失敗したからと言って、どこにも就職せずにフリーターになることはおすすめしません。

1度フリーターになってしまえば、やはり正社員になるのはハードルが上がってしまうし、何よりも恐れることはモチベーションが低下することです。

今は売り手市場で働く人手が不足しているので、昔よりはフリーターでも就職するハードルが低くなったとはいえ、日本ではまだまだブランクがある人間に対して厳しい目で見ているのが現実です。

正社員の経験があるのとないのでは、後々のキャリアにも大きな影響を与えます。

 

もし会社に就職して正社員として働きたいのであれば、とりあえず正社員になって、働きながら転職するほうが楽ですね。

正社員になれば毎月ある程度の給料も入ってくるので、精神的なストレスもフリーターとはかなり違ってきます。

 

2、就職留年する

納得のいく就活ができてないから、わざと1年留年する学生も多くいますよね。

わたしとしては非常にもったいないなと思ってしまいます。

いい企業に就職するだけのために、わざわざ高い学費を払って、時間も使って大学に通わなければいけない。

 

まさにお金と時間の無駄ですよね。

 

就職留年すると、面接でも「どうして留年したのですか?」と必ず聞かれるので、面接官にマイナスな印象を与えてしまいます。

現役時に納得の就活ができてなくても、一旦就職して後からいくらでも転職できるので、就職留年はどうしてもおすすめできないですね。

3、既卒として就活を続ける

就職しないまま卒業して、それから就職し続ける人もいますよね。

 

これもおすすめしない理由としては、

・新卒時よりプレッシャーがかかり、精神的なストレスが大きい

・給料の保証がないので、親からの援助がない限り、経済面でもかなり厳しい

・就職のハードルが上がる

 

変に就職先にこだわらなければ、必ずどこかの会社に就職できるので、一旦就職してそれから転職するほうがかなりハードルが低いですし、精神面でもかなり安定してきます。

 

逆に既卒として就職活動を続けてもリメットがほとんどないので、できれば避けて欲しいところです。

 

4、大学院に進学する

わたしのいとこはまさに就活から逃げるために、大学院に進学する道を選びました。

しかし、大学院に入って2ヶ月目に「辞めたい、もう勉強したくない」とわたしに訴えてきたのよく覚えています。

 

もちろん、ちゃんと勉強したいからとか、もっと学問的な知識を身に付けたいと心から思ってる人ならぜひ大学院に行って欲しい。

しかし、ただ就職したくないから大学院に行こうと安易な気持ちで大学院に進学しても、結局2年間先延ばしにしただけで、入って1年後には結局また就職活動をやらなければいけない。

 

それに、大学院はより学問を追求していく場所なので、大学の延長線のつもりで大学院に進学すると必ず痛い目に合います。

 

まとめ

就活が失敗したと思った時の具体的な解決方法をお伝えしました。

1、就活には失敗や成功があるという概念を捨てる

2、中小企業への就職に方向転換する

3、就職エージェントを利用する

4、無料プログラミングスクールに通い、IT系企業に就職する

就活が失敗すると人生の終わりだと嘆く人が多いのですが、そんな落ち込んでいる時間はとてももったいないです。

 

人生ではうまく行かないことが山ほどありますし、就活がうまく行かなかったくらいで落ち込んでばかりいると非常によくないです。

失敗から学ぶことが多いですし、その失敗で学んだことを生かして、ぜひ次のステップに早くうつして欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です