転職を後悔して戻りたいと思ってるあなたがやるべき5つのこと

転職して新しい会社では活躍するぞ!
と胸に期待を膨らませて入社したのに、しばらく経つと「あれ…?なんか思ってたのと違う…」と戸惑いを感じる人は多いのでは?

ついつい前職と比べがちで、「この部分に関しては前の会社のほうがよかったな…」なんてことも実際大いにあります。

中には、どうしても新しい会社に馴染めず、やはり前の会社がよかったと転職を後悔してしまう人も少なからずいるようです。

しかし、せっかく転職したのに、後悔するなんてとてももったいないです!

転職を後悔してるあなたがやるべき5つのこと

まずは3ヶ月頑張る

新しい環境に慣れるまでは、どうしても前いた環境のほうがよかったと思いがちです。

人間は価値観が変わるのに3ヶ月は必要だと言われているので、まずはどんなに不満があっても文句を言わずに3ヶ月は素直に従ってみましょう。

最初は一番大変な時期で、ストレスがたまることも多いですが、根気強く踏ん張ってもらいたいところです。

 

次は6ヶ月頑張ってみる

3ヶ月が経過したあたりから、新しい職場にはだいぶ慣れてきて、転職した直後に比べてストレスを感じることも減ってきているはずです。

環境に慣れてきたら、次は積極的に仕事をこなしましょう。

最初から100%即戦力となる人材はいません。

入社してすぐ新しい会社で活躍できるのはごくごく稀です。

入社3ヶ月〜6ヶ月間はひたすら仕事に打ち込んでみましょう。

半年後見えてくる世界はきっと違うはずです。

 

半年過ぎても後悔しているなら、人事部や上司に相談してみる

転職して半年が過ぎて、新しい環境に慣れる努力も、仕事に打ち込む努力も精一杯やったのにもかかわらず、やはり前の会社がよかったと思っているなら、1人で悩まずに、人事や直属の上司に悩みを相談するのも一つの手です。

自分の努力だけじゃどうにもならないとわかった時は、自分だけどんなに頑張っても状況が変わらないのです。

そもそもその会社の社風や一緒に仕事する人間が合わない可能性があるんです。

身近な人に相談して、客観的なアドバイスをもらって、問題の解決を手伝ってもらいましょう。

 

やはり前の会社に戻りたいと思ったら、思いっきり聞いてみる

人事部や上司に相談しても、悩みが解決できそうにないなら、思い切って前職の職場に聞いてみるのも可能です。

ただし、一度やめてしまった会社なので、聞くのはかなりの勇気が必要ですし、

前職に戻ったところで、前思っていた不満とまた付き合わなければいけないことを覚悟する必要があります。

再度雇用契約を結ぶことになるし、会社に戻ったあと社内の人間にどう思われるのかも気にしますよね。

前の会社に戻れるなら、なんだっていいって人は、勇気を出して前職に戻っても問題ないでしょう。

 

再転職に挑戦する

転職が失敗して後悔していて、なおかつ前職に戻りたくない人は、再度転職に挑戦するといいでしょう。

確かに短期離職は少し不利になることはあるかもしれませんが、絶対に転職ができないわけではありません。

きちんとした目的があれば、短期離職でも転職はできます。

まとめ

転職が失敗して後悔する時間があったら、後悔を解消するためにいかに行動することが大事です。

転職が失敗したからと言って、挽回できるチャンスがないわけではありません。

自分から動かなければ、世界は変わりませんが、自分から一歩でも踏み出せば、周りの世界は不思議と変わるんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です