転職したあと後悔しないために、転職前にしっかりやるべき4つのこと

今の会社で働くのはもう限界、転職したい!」と考えてるほとんどは人は、

できれば「転職したあと後悔したくない」と思っているのでは?

わざわざ時間と労力を割いて転職活動を行って、新しい環境に行くのだから、今の会社に対する不満を解消したいですよね。

 

しかし、実際に転職したところで、悩みが100%解消される保証はありません。

実際に3人に1人は転職して後悔しているとのこと。

だからって、転職を諦めて現職に留まり続ける必要もないのです。

明確な目的を持って正しいやり方で転職活動を行えば、転職したあとに後悔することにならないのです。

 

転職したあと後悔しないための4つのやるべきこと

転職する前に会社を辞めるな!

会社をやめてから転職活動を行うのはかなり精神的にダメージを与えます。

退職したので当然給料は入ってこないから、貯金を崩すことになります。

口座の残高が日に日に減っていくのを見ると、早く次の仕事を決めなきゃって焦って、結局判断を誤って間違った会社に入社する恐れがあります。

面接でも無職の人より、現職を続けてる人のほうが印象が良いので、選考では有利になります。

1日でも早く会社をやめたい気持ちはわかりますが、次の仕事が決まるまで我慢して、仕事に通いながらがんばって転職活動を行うのが一番オススメです。

 

 

転職エージェントは必ず複数利用する!

転職エージェントに登録すれば、専任のキャリアアドバイザーから面談のご案内がきます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは多くの人たちを転職させてきたプロです。

企業応募から履歴書・職歴書の添削、面接のロープレ、企業との交渉など最後までサポートしてくれるので、とても頼りになります。

面談を通して、転職者の適性・強みを客観的な意見をもらうことができて、自己分析の際もとても役に立ちます。

今日本国内では転職エージェント会社は1万以上あると言われていて、その中から3〜4社ほど絞って併用すると、複数のアドバイザーからサポートを受けれて、効率よく転職を進めます。

4社以上を同時に利用すると、アドバイザーとのやり取りが増えて、かえって手間や時間がかかってしまい、転職活動を行う時間が充分に確保できない恐れがありますので、4社以上同時に利用することはオススメしません。

退職したい理由・転職したい目的を明確にする

ただなんとなく会社をやめたいから、転職するっていう人は、転職したあとも結局こんなはずじゃなかったと後悔する確率が高いです。

記事の冒頭でも書いたように、転職したからって悩みが100%解消される保証がありません。

100%完璧な人間が存在しないように、完璧な会社も存在していません。

何かしら一つや二つは妥協する部分は出てきます。

たとえば、やりがいを求めて転職したい人は、給料が今より下がってもいいのか。

給料アップを求めて転職したい人は、今よりも勤務時間が長くなってもいいのか。

このように転職する前に目的をはっきりしなければ、転職後こんなはずじゃなかったと後悔するんです。

内定ゲットのために自分を偽らない

面接官にいい印象を与えるために、自分の長所や強みを強調してどんどんアピールしたいですよね。

面接は自分を売り込む営業なので、適度なアピールは確かに必要です。

しかし、背伸びしすぎて自分を偽るのは本末転倒です。

もしくは、本当は疑問を感じてることがあるのに、聞いたら気まずくなるような気がして、つい遠慮してやり過ごしてしまいがちですよね。

給料の話とか、日本では未だにデリケートな話題なので、事前に確認しないで入社したあとに、給料が下がったなんてこともありえます。

もし自分を偽って面接を突破したとしても、入社したあとに苦労するのは自分です。

面接官に悪い印象を与えないように必死に自分の本心を隠すのはやめましょう。

まとめ

わたし自身も1度転職を経験したのですが、ろくに業務内容を確認せずに入社してしまったため、結局ミスマッチを感じて半年で退職してしまいました。

転職して給料が上がって、勤務時間が短縮したのから、一見転職は成功したかのように見えましたが、わたしは仕事内容にやりがいを感じられず、毎日が苦痛でした。

かつてのわたしのように、転職したのにこんなはずじゃなかったと後悔する人が1人でも減りますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です